繁殖豚の栄養推奨値

成分名 標準時の要求量
カルシウム(g) 20
燐 (g) 16
リジン (g) 16
トレオニン(g) 11
ME (kcal) 5,346
給与量 (kg) 1.72
1日1頭当り
給与量はME3100kal(TDN74)の
妊娠期飼料給与時

雄豚

授乳期母豚

哺乳中の仔豚の頭数
成分名 10頭 11頭 12頭
カルシウム(g) 50 55 60
燐 (g) 45 50 54
リジン (g) 46 50 55
トレオニン(g) 30 33 36
ME (kcal) 18,890 20,375 21,860
給与量 (kg) 5.64 6.08 6.53
1日1頭当り 

給与量は授乳期飼料ME含有量3350kcal(TDNとしておよそ80)
とした場合

妊娠期飼料

成分名 必要含有量 単位
カルシウム(g) 1.160
燐 (g) 0.928
リジン (g) 0.928
トレオニン(g) 0.638
ME (kcal)(kg) 3,100 kcal

妊娠期母豚

妊娠期間 給与量 (kg)
妊娠前期 1.6
分娩4週前以降 2.7
下記妊娠期飼料を使用した場合の給与量
成分名 必要含有量 単位
カルシウム(g) 0.877
燐 (g) 0.798
リジン (g) 0.816
トレオニン(g) 0.532
ME (kcal) 3,350 kcal

授乳期飼料

トップページへ

ここに掲示した数値はあくまでバブコックの標準であり、飼育環境、管理状態によっては変更が必要となる

Copyright (c) 2002 Babcock Swine Japan Co.,Ltd. All rights reserved

注意事項 
 この数値は標準値であるのでそれぞれの農場の環境によって適度に調整する。
 (給与量、飼料の栄養密度の調整) (季節、豚舎構造、換気方式 等)
 寒冷時はエネルギー密度を変えずに他の成分の含有率を下げることで給与量を増やす。
 暑熱時はエネルギー密度を上げ他の成分の含有率を上げる事で給与量を減らす。

戻る

戻る